泣かずにすむのなら

作詞曲:原田侑子

 

傷つかない強い女になりたいと思った

悲しみに麻痺して抑え込んだ感情が溢れる

憂鬱を蹴飛ばした真夜中の交差点で

こんな風に戦う毎日はちょっと疲れたなあ

 

泣きまくるの 数えられなくなるまで

お酒を飲むの 進み続けるために

 

ああ 哀れでいいの それが私ならば

明日なんて構わないから 愛する人にしがみつけるそんな女でいたい

 

痛がってるその心になりたいと思った

言葉時にナイフに変わり 涙はあらゆる階段を

涙が似合わない過ごし方をしたいものだわ

このまま私を連れてって あなたの世界へ

 

泣きまくるの 数えられなくなるまで

お酒を飲むの 進み続けるために

 

ああ 哀れでいいの それが私ならば

どんなに泣いても朝は来ると

知ってるけど 今日は胸が痛いよ

 

泣きまくるの 後戻りできなくなるまで

今日も唄うの まだ繋がってるあの光を夢見て

 

ああ 哀れでいいの それが私ならば

歯がゆくも咲かないままの花ならば

咲くまで包み込んでくれるあなたがいればいい

 

愛する人にしがみつける そんな女でいたい